スニーカー派は要注意!?革靴とスニーカーのサイズ感の違いとは

こんにちは!

今日はスニーカー大好きな皆さんも、シーンによっては使うこともあるであろう、革靴についてお話します!

スニーカー感覚で選ぶと大変なことになるサイズ感を中心に書きました。

スニーカーはその見た目のカジュアルさと同様にサイズの選び方についても比較的曖昧な選び方をされる事が稀有ではなく、たとえ本来の大きさよりも大きなサイズを選択しても履きこなす事ができます。

その理由は素材に伸縮性があるという事に加えて、足首まできっちりと紐で結ぶ事ができるという点が関係しているのですが、同じような選び方を革靴でしてしまうと通常の歩行すらできなくなってしまうので注意が必要です。

そのため、革靴を購入する時にサイズ選びとして注意点になるのは、普段履いているスニーカーのサイズよりも1センチ程小さな大きさを選ぶという事です。
あえて1センチ小さな物を選ぶべきなのは、革靴の場合スニーカーには存在していない捨て寸という空間がつま先に存在しているためです。
しかも、捨て寸というのは単に革靴ならではの先端が尖った形状により生じている空間ではなく、革靴ならではの履き方を良好にするために用いられている実用的な意味合いがあります。

スニーカーはインソールなど履き心地を良好にすべく内部に設けられているクッション材といった物により包み込むような形になりますが、革靴の場合はインソールが存在しないため足を包み込むようにする事はできません。
しかし、そのままでは歩行時に脱げてしまいやすくなるのでインソールで固定できない代わりに、側面などがぴったりと足にフィットするようにカーブが付けられています。

カーブがぴったりと足にフィットしていればその場で固定されるので内部で足が動く事は無いのですが、スニーカーの感覚で大きめを選定してしまうとフィットできず捨て寸も相まって内部で大きく足が動いてしまいます。
そこで革靴を購入する時の最適なサイズの測り方として挙げられるのは、スニーカーに比較して大きめに作られているという事を念頭に置いた上で、普段のスニーカーよりもおよそ1センチ小さめの物から製品の試着をしていくという事です。

スニーカーと革靴のサイズ感について、分かりやすく解説している通販店のページを見つけました。

トリッカーズというイギリスの革靴ブランドの取扱店です。

各ページスニーカーサイズと革靴サイズの参照表もあるので、革靴が必要だけど何を買おうか迷っている方も一度覗いてみてはいかがでしょうか?